鉄筋の接合には、通常ガス圧接、エンクローズ溶接が用いられます。鉄筋の溶接部の非破壊検査には超音波を利用します。2つのセンサーを使ってリブ上を走査し、接合部をチェックする方法が一般的です。